初期費用が掛からない!週末起業は簡単に始められる


現代は在宅で起業が出来る時代

パソコンやインターネットが普及していなかった時代は起業するのは簡単とは言えませんでした。しかし、インターネットが普及するにつれて在宅ワークの数や種類は劇的に増え、今では誰でも簡単に本格的な起業、もしくは週末起業ができるようになっています。

仕事をしながらの週末起業なら資金は特に必要なし

会社を辞めて起業し、それを本業にしていくような場合は最初の数年間の運転資金・生活資金として1,000万円くらいの資金を用意しておくのが理想です。しかし、会社勤めなどをしながら週末に在宅で起業するような形であれば、特に多額の予算を用意しておく必要はないでしょう。特定分野の情報サイトを立ち上げるとしても、レンタルサーバー会社との契約金の額は微々たるものです。また、高額なグラフィックソフトをあらかじめ買い揃えるとしても、20万円くらいの予算があればそれで十分賄えるでしょう。その他、クラウドソーシングでライティング業を行うのであれば、ソフトを購入したりレンタルサーバーと契約するような必要もありません。

確定申告に関する知識

会社員の中には確定申告に関する知識がほとんどない人も多いと言われますが、起業をするならばまずそのあたりを勉強しておいた方が良いでしょう。週末に副業を行って軌道に乗ったら会社を辞めて独立する場合でも、副業の年収が20万円を超えたら確定申告をして副業分の税金を納めなくてはなりません。なお、確定申告の書類については自分が住んでいる地域を管轄する税務署に対し、開業届を提出すれば翌年に税務署の方から送られてきます。

フランチャイズに加盟する際には保証金が必要になりますが、業種によっては保証金を必要としないこともあるので事前に確認しておくことが大事です。