引越しの片付けが大変!効率的に作業したい!


片付けも計画的に作業しよう

引越し先の契約が済んだら、今度は荷造りをしていくことになります。まだ時間があるだろうと気分良く過ごしていたら、あっという間に当日が来てしまったということは良くある話ですから、次の住まいの物件を探すのと同時に片付けの計画も同時に立てていくことをおすすめします。必要最低限の荷物しかないという方でも、ダンボール数個分は荷物ができるものです。引越し当日の2~3日ぐらい前までにはある程度済ませておくとイレギュラーなことがあっても対応しやすいので、作業をリスト化しカレンダーに作業を書き込むなどして日程を詰めていきましょう。きちんと終わらせないと業者に別料金を払って荷造りをしてもらうことになる場合もありますので、気を付けたいものです。

流れを考えて作業しよう

引越しの片付けも目に付いたところから始めるのではなく、大まかでもいいので流れを考えて作業をしていくとやりやすいです。一人暮らしでも家族での引越しであっても、まず作業するために部屋のブロック分けをし、使う予定がないものから片付けを始めていきます。まだ使う物を荷造りしてしまうとわざわざ出したり、別に使い捨ての物を購入するなどして無駄が出てしまいます。引越しの前日から当日までにはきちんと荷造りを終えられるスケジュールを考えておきましょう。ダンボール等の梱包関連の道具は事前に用意し、荷造りをしながら荷解きをするときのことも考えて、何が入っているのかなども書いておくと後の作業がぐっと楽になります。

どうやって捨てたらいいか分からない時や、量が多くて捨てるのが大変な時。そんな時には不用品の回収を依頼した方が、短時間で片付ける事が出来ます。