自営業のやり方で大事なのは繋がりを保つこと!信頼関係ができていると仕事が続く!


顧客からの信頼を裏切らない

自営業では顧客と繋がっていることは重要なポイントです。信頼関係が出来上がっていれば、仕事が定期的に回ってくるでしょう。しかし、仕事でミスをしてしまい、信頼を裏切ってしまうと次からの仕事がなくなります。自営業で仕事がなくなるのは死活問題になるのです。特に大口の取引先だったときには廃業まで考える必要が出てきます。信頼を得るには誠実に仕事をすることと、ちょっとした無理なら聞き入れることも大切です。信頼を失わないように努力することが求められるでしょう。

仲間からの信頼を得る

自営業では仲間からの信頼を得ることも重要になります。仲間は仕事を手伝ってくれる存在です。大きな仕事を受注しても、仲間がいなければ完遂することができないケースも多いです。また、仲間は仕事を手伝ってくれるだけではありません。自分の仕事がないときに仕事を与えてくれる存在にもなるのです。仲間の方が忙しい場合は仕事を回してくれるでしょう。手伝って欲しいと言われたときはできる限り協力します。協力すれば、自分が手伝って欲しいときに助けてくれるからです。

身の回りの人たちから信頼を得ておく

自営業では仕事がどこから生まれるか分かりません。そのため、近所の人など関わりを持つ人たちから信頼を得ておくことは大切になります。例えば、水道管の水漏れが発覚したとします。知らない業者に頼むよりも近所の知り合いの方が頼みやすいのです。自営業をしていることを色々な人に伝えておくと、仕事を依頼されることがあるでしょう。信頼を得ておけば仕事の依頼に繋がる可能性が高くなります。

フランチャイズとは本部が加盟店にサービスや看板を提供する代わりに、毎月の売り上げから決められた金額を加盟店が本部に支払う仕組みのことです。