フランチャイズ事業に興味がある時は必要な資金や将来性を見極めよう!


限られた資金で開業ができるケースも多い

フランチャイズ事業は、本部との契約内容によりますが、百万円から三百万円ほどの限られた資金でも開業できるケースが多く、個人でビジネスをしたことが無い人もオーナーとして店舗を持てるといった魅力があります。たとえば、夫婦でコンビニやファミレス、クリーニング店などのフランチャイズ事業を始める場合には、単身者と比べて少ない元手で開業しやすいため、早いうちから興味のある業種について調べてみると良いでしょう。また、本部によっては開業に必要な一部の資金を援助してくれたり、本部社員が無料でアドバイスを行ったりしているところもあります。そこで、将来にわたり長くフランチャイズ事業を続けるうえで、評判が良いフランチャイズの本部によるオーナーに対するサポートの良し悪しについて、契約前に慎重に確認しておきましょう。

業種の特徴を知るためにフェアや説明会に参加しよう

どのようなフランチャイズの業種が自分に向いているのか迷っている人は、色々な業種の特徴を知るために各地で開かれているフランチャイズの契約希望者向けのフェアや説明会などに参加をするのがおすすめです。たとえば、全国チェーンの飲食やサービスなどノウハウを蓄積している本部は、フランチャイズ事業の経験が無い人にとっても、スムーズに開業しやすい傾向が見られます。一方で、フランチャイズの加盟店数が少ない本部と契約を結ぶ場合には、ロイヤリティの支払額が少なくて済むものの、顧客を獲得できるまでに長い時間が掛かってしまうこともあるため注意が必要です。

売主から商品を買取り、それを客に販売するのが販売店です。代理店は、売主と客の間を仲介して販売するので在庫を抱えてしまうことがなく、たくさんの商品が扱えるので選択肢が多いというメリットがあります。